ワーホリに必要な英語力を3ヶ月でマスターする効率的な勉強方法【保存版】

この記事では、ワーホリに必要な英語力を3ヶ月でマスターする効率的な勉強方法をご紹介します。

英語なんて中学英語もイマイチ理解していないし、どこから手を付けていいかわからない・・

という人は多いんじゃないでしょうか。今回ご紹介する勉強方法は、ほぼゼロからはじめる、英語の日常会話に特化した勉強方法です。

たった3ヶ月の努力で、ワーホリをスタートするための実践的な英語を身につけられます。

ワーホリに必要な英語力をアップさせる勉強の準備

ゼロから英語の勉強をはじめるのなら、まずは文法書単語帳からはじめるのが効果的です。

最終目標としては日常会話がスラスラ話せるようになることですが、会話というのは、話すというアウトプットが必要です。アウトプットは、それなりの知識があるからこそできること。文法書と単語帳は、その知識をインプットするためのものです。

オススメは一億人の英文法、DUO3.0、どんどん話すための瞬間英作文トレーニングの三冊。英語学習者のあいだでは「超」がつくほど有名で、評価の高い参考書です。

 

一億人の英文法にはイラストがたくさん使われており、イメージで英文法を学ぶことができます。

感覚的に「英語はどのような仕組みなのか」を理解しておくと、後のち応用がききやすくなるかと思います。

この1冊を数回読んで理解しておけば、他の文法書に取り組む必要はないでしょう。
ワーホリの渡航先に持っていけば、文法で困った時の助けになること間違い無しです。

  • 例文に使われている単語の難易度がやさしい
  • DUO3.0で理解できない文法も、わかりやすく解説されている
  • 副詞や形容詞の使い分け、前置詞、動詞を感覚的に理解できるようになる

 

 

DUO3.0は本当によくできた単語帳です。
560の一言フレーズが載っており、その中に「英単語」と「英熟語」がぎゅっと詰め込まれているのです。

CDが別売り(復習用CD)なので少し高くつきますが、単語・熟語をまとめて学べると考えれば、コスパは悪くないかと思います。

日常英会話だけでなく、TOEICなどのスコアアップにも役立ちます。

  • 各フレーズで単語が重複しないので無駄がない
  • セクションごとにストーリーがあり、読んでいて面白い
  • 復習用CDと併用すると効果が高い

 

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングに書かれている英文は、中学生でも理解できてしまうような簡単なものばかり。
ところが実際に会話をしてみると、なかなかその簡単な英文が出てきません。

そんな悩みを解消するための教材がこの本です。簡単な英文をスピーディーに大量に作っていくことで、英語の定型文のインプットが増えていきます。

短期間で効果を実感できる、会話に特化した良書です。

  • とにかく簡単なフレーズばかりなので挫折しない
  • 短期間でのスピーキング強化に最適
  • 本が薄いので持ち歩いていつでも勉強できる

 

【1ヶ月目】声に出してテキストを読む。

先ほど紹介した、一億人の英文法、DUO3.0、どんどん話すための瞬間英作文トレーニングを音読しましょう。それぞれの参考書のつかい方は以下の通り。

一億人の英文法

まずは3周読みましょう。「え、この600ページ以上もある本を3回も読むの!?」と思っちゃいますよね。

実は、この3周というのが大切なんです。人間の脳は、一度読んだだけでは記憶に定着してくれません。一度読んで忘れ、二度読んでおぼろげに覚え、三度読んでようやくしっかりと記憶することができます。

とはいえ、全ページを熟読する必要はありません。

  • 理解できている部分はざっと目を通すだけにする
  • 一回読んだだけでは覚えられない部分にマーカーを引く
  • 難しくて理解しきれない部分は読み飛ばす

ここで重要なのは読み飛ばすという部分です。

現時点で完璧にしようとしないで下さい。そんなことしてたらきっと挫折してしまいます。
いま理解できずに読み飛ばしたとしても、これから英語が上達したときに、

「ああ、こういう場面で使う文法だったのか」と、思う時がきますから心配無用です。

DUO3.0

1日に5セクションを目安に進めていきましょう。一億人の英文法と同じように、DUO3.0も、繰り返し読むことが重要です。何周読むかって?

何周でもです。無理をせずに1日5セクションずつ続けることが大切です。

  1. CDを聴きながら、声に出して読む。
  2. 理解できなかった単語、熟語があったら説明を読む。
  3. スムーズに言えるまで何度も声に出して読む。(最低でも5回以上)
  4. 次のフレーズへ(1〜3を繰り返す)
  5. 5セクション分終わったら、全てのフレーズ一回ずつ音読する(記憶の定着)

最初は5セクション進めるのに1時間はかかると思います。二周目はその半分。三週目以降は15分くらいで読めるようになります。

英文フレーズが記憶に定着し、ほぼ丸暗記するレベルまで持っていくのが目標です。

重要なのは続けること。
有意義なワーホリ生活を送るための基盤をつくるためです。頑張りましょう。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

一億人の英文法、DUO3.0の二冊に比べて、かなり優しい内容に感じると思います。

まずは3周、声に出して読み通しましょう。おそらく3周も読めばほとんどのフレーズを覚えてしまいます。

あとはCDを聴きながらシャドウイングしたり、単語を入れ替えて色んなシチュエーションに対応できるようにトレーニングしましょう。

この本で覚えた定型文は、【2ヶ月目】以降の学習でとても役に立つ、もっとも実践的で効果的な勉強です。

【2ヶ月目】英会話の無料オンライン体験レッスンをつかう

オンライン英会話の無料体験を使って英語を話してみましょう。一ヶ月目にインプットした英語をアウトプットしていきます。

「オンライン英会話」で調べると、レアジョブDMM英会話など、たくさんの無料体験レッスンがヒットすると思います。この時点では本登録はしないので、どれを選んでもらっても構いません。

無料体験で1ヶ月タダでできる最新のスカイプ英会話まとめから、好きなものを利用してください。

オンライン英会話を受ける理由

一ヶ月の勉強では、思うように英語を話せないと思います。
自己紹介はできたとしても、その後の会話が続かない・・ということになるのではないでしょうか。

大切なのは、自分がどれだけ英語を話すことが出来ないか知ること。自分の英語力に何が足りないかわかると、その後の勉強の役に立ちます。

無料のオンライン英会話の体験レッスンだけ受ける

ワーホリの初期費用は少なくありません。英語の勉強にお金をかけすぎるのはキツイと思います。

ここではオンライン英会話の無料体験だけを受けましょう。費用をかけずに、体験レッスンだけ受けることができます。

オンライン英会話で意識するべきこと

無料とはいえ、限り有るレッスンなので上手く使いましょう。ほとんどの場合、最初は講師に自己紹介をするところから始まります。

「Tell me about yourself please?」(あなたのことを教えて下さい)

といわれたとき、「え〜っと・・・、」と何を言うか考えていては、緊張もあってなかなか英語がでてきません。事前に準備をして、無駄な時間をなくすようにしましょう。

  • 自己紹介で話す内容は練習し、暗記しておく
  • 話すテーマを決め、言いたいこと、単語などをメモしておく
  • 要望や指摘してほしいコトを最初に伝える

詳しくは、オンライン英会話の無料体験を効果的に使う方法を参照してください。

【3ヶ月目】復習とブラッシュアップ

2ヶ月の英語学習を頑張れたあなたなら、英語における自分の得意不得意がわかってきたと思います。

よく文法を間違えてしまう

単語が出てこない

早く話されるとついていけない

自分の苦手なところがわかるということは、それだけ英語が身についてきたということ。3ヶ月目の勉強は、1ヶ月目と同じく、DUO3.0を1日5セクション音読する。2ヶ月目と同じく、オンライン英会話の無料体験レッスンを続ける。それに加えて、英語に触れる機会を増やしていきましょう。

具体的には、

  • 海外youtuberをチェック
  • TEDを見る
  • 英語学習アプリ(キクタンBasicがオススメ)
  • 英語ニュースサイトを読む(初心者はVOAがオススメ)
  • 海外作家の小説を読む
  • 英語訳された漫画を読む
  • 外国人の友達をつくって話す

どれを選んでもいいですが、自分が楽しめるものを選んでください。毎日2時間続けても苦痛でないものが理想です。それはもはや勉強ではなく、趣味です。

英語に触れることが生活の楽しみになったら最強です。好きこそものの上手なれという諺があるように、あなたの英語力は飛躍的にアップしていきます。

【番外編】お金と時間に余裕のある人はフィリピン留学が効率的

これまでは日本にいながら英語力をアップさせる方法を紹介してきましたが、ワーホリ渡航前の3ヶ月でフィリピン留学をすると、より英語力をアップさせることができます。

  • 英語だけの環境をつくれる
  • 旅行を兼ねて楽しみながら勉強できる
  • 欧米留学よりコスパがいい
  • ワーホリに特化した学習プログラムがある

特に意思が弱くて怠けてしまう人にオススメです。学校という空間の持つパワーは圧倒的で、どんな人でも勉強することが習慣化します。

ちなみにわたしは、2回(3ヶ月+6ヶ月)もフィリピン留学の経験がありますが、日本で勉強するよりも3倍くらいの学習効果があると思っています。

【関連記事】
フィリピン留学の良いトコロ、悪いトコロを経験者が語ります。【発音、食事、治安、衛生】

【さいごに】ワーホリ前の英語学習に大切なのは心構え

英語の勉強で1番大切なものは、モチベーションの維持です。

英語を勉強するひとなら誰もが経験する「こんなに勉強しているのに全然伸びてる気がしない・・」という状態になっても、英語学習を続けるためのモチベーションです。

最初から話せる人なんて存在しません。英語は継続しないと絶対に上達しないのです。この3ヶ月は、上達していくための基礎を作るためと割り切って、どんなに成長を感じなくても毎日勉強を続けるということだけ意識してください。

こんな言葉があります。

100名のうち、実際に行動に移すのが1名です。
実際に行動に移す100名のうち、継続するのが1名です。
つまり、実際に行動する&継続することが出来るのは、1万人に1人です。

行動する&継続するだけで1万分の1です。
この記事を読んでいるあなたは、もうすでに行動しています。あとは継続するのみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です